国際ロータリー第2780地区

地区とクラブ

国際ロータリー第2780地区は、66のクラブから成っています。ロータリーの活動の中心となるのがクラブです。
ロータリアンは、例会で仲間たちとの交流を楽しみながら、情報を交換し、奉仕活動について話し合い、
より良い地域社会づくりに力を注いでいます。

地区図
第1グループ 6RC 209名
第2グループ 5RC 183名
第3グループ 8RC 230名
第4グループ 6RC 237名
第5グループ 12RC 442名
第6グループ 9RC 324名
第7グループ 6RC 214名
第8グループ 7RC 213名
第9グループ 7RC 288名
2017.7.27現在 全66RC 2,340名

地域への奉仕プロジェクト

奉仕プロジェクトを通じて、ロータリークラブは世界をより良い場所にするために活動しています。
ロータリークラブが取り組める有意義なプロジェクトは無数にあります。


高校生の留学制度

ロータリーの青少年交換プログラムは、海外の人々と交流し、異文化を体験することによって、
生涯にわたる国際理解の種を播く機会を多くの青少年に提供しています。
他国の教育制度を体験することで、学業面でも人間的にも成長を遂げることができ、
また、世界に対する視野が広がり、自己に対する理解も深まります。


海外で学ぶ方への奨学金制度

海外で学ぶ方への奨学金制度として、ロータリー平和フェローシップ、ロータリー奨学金、国際ロータリー第2780地区ロータリー奨学金の、
3つのロータリー奨学金があります。ロータリークラブが取り組める有意義なプロジェクトは無数にあります。

1. ロータリー平和フェローシップ

国際関係・平和・紛争解決の分野におけるキャリアを志し、すでにこれらの分野に於いて経験を積まれ、
社会奉仕や人道的な国際奉仕への熱意を示すと同時に、『世界平和のために尽くす』という意欲のある人が対象となります。
フェローシップには、修士号取得プログラム/専門能力開発終了証プログラムの2種類があります。

2. ロータリー奨学金

海外の大学院でロータリーが示す6つの重点分野のいずれかに関連する分野を学ぶための人に向けた奨学金です。
大学の既卒者で職業歴/活動歴/留学先の履修課程/将来のキャリアプランが申請時に必要とされます。
どのような職業に就き、どのような活動をした、等という具体的な計画を持った方を募集しています。

3. 国際ロータリー第2780地区ロータリー奨学金

大学院で学ぶための奨学金を提供します。学業専攻分野の制約はありません。
ロータリーは長年に渡り様々な分野で学ぶための奨学金を提供してきました。
この奨学金により必要とされる経費が賄われ、真の変化をもたらすための教育の機会を得ることが出来ます。


国内で学ぶ外国人のための奨学金制度

勉学、研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、
日本全国のロータリアンの寄付金を財源として、奨学金を支給し支援しています。
将来、母国と日本との懸け橋となって、国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学することを目的としています。


ポリオ撲滅への取り組み

ポリオ(骨髄性小児麻痺)とは、ポリオウイルスによって発症するウイルス感染症で、身体麻痺の後遺症をもたらし、時として命さえも奪う伝染病です。
日本では、2000年にポリオ撲滅宣言が出され、ポリオに対する認知度も低くなりつつありますが、不活化ワクチンへの切替など、
予防接種に対する関心が改めて高まっています。また、世界にはワクチンの接種を受けられず、未だポリオに感染し苦しんでいる子供たちがいます。

国際ロータリーは、この「ポリオ撲滅活動」の世界最大の支援団体です。
ポリオ撲滅という最大のチャレンジを成し遂げるために、世界各地の会員とサポーターが力を合わせて活動しています。