国際ロータリー第2780地区

background
ガバナー挨拶
杉岡 芳樹氏

国際ロータリー第2780地区 2019-20年度ガバナー

杉岡 芳樹


今年度、第2780地区ガバナーを務めさせていただきます相模原RCの杉岡芳樹です。2019-20年度は、昨年度新しく女性会員中心の相模原かめりあRCを迎えて、地区内68クラブでのスタートとなりました。パスト・ガバナーを初め、諸先輩が築き上げてこられた伝統と実績を誇る当地区、ガバナーとしてより一層発展させるため、全力で努力する所存です。この一年のロータリーライフが素晴らしいものとなりますよう、クラブの皆さまに期待を込めて、さまざまな活動を共にしていきたいと考えます。

19-20年度国際ロータリー会長は、米国アラバマ州ジケーターRC所属のマーク・ダニエル・マローニーです。会長は、より力強いロータリーを築くためのビジョンを発表し、地域社会とのつながりを広げるために、革新的な会員モデルを導入していくことをクラブのリーダーに呼びかけました。そして、2019‐20年度の会長テーマ、「ロータリーは世界をつなぐ」を発表しました。

テーマに基づき、4つの強調事項をあげました。

「ロータリーを成長させる」GROW ROTARY
「家族の重要性を強調」INVOLVE OUR FAMILIES
「内部組織の改革」BUILD A VIABLE PATH TO ROTARY LEADERSHIP
「国連との関係」UNITED NATIONS

です。クラブ公式訪問を通じて、RI会長テーマの浸透と推進をしていく所存です。

また、新しいロータリー戦略計画が発表されました。
そして、次なる戦略計画の土台となる4つの主な優先事項と目的を承認しました。

1) より大きなインパクトをもたらす
2) 参加者の基盤を広げる
3) 参加者の積極的なかかわりを促す
4) 適応力を高める

そして、19-20年度ロータリー戦略計画の年次目標として、

優先事項1の目標:人びとが手を取り合うのを促す
1. クラブや地区内のリーダーの積極的参加を促すプロセスを強化する。
2. 既存会員を維持しつつ,さらに入会を促進することで、クラブ会員の増加を図る。
3. 新しいクラブを結成する。
4. 女性会員や40歳未満の会員の入会、またローターアクターのロータリークラブへの入会を促し、会員増強を図る。
5. インターアクター、ローターアクト、ロータリークラブ会員間およびほかのロータリー活動の参加者間の積極的参加・協力を強化する。

優先事項2の目標:行動する
6. ポリオ撲滅活動においてロータリーとロータリアンが果たしている役割を広く伝える。
7. 地区財団活動資金(DDF)を十分活用することで、地区補助金、グローバル補助金、ポリオプラス、ロータリー平和センターの資金とし、地域社会および海外でのプロジェクトを増やす。
8. 年次基金とポリオプラスの寄付を増やしつつ、2025年までに恒久基金を20億2500万ドルまで成長させる。
9. ロータリーの認識を高め、「世界を変える行動人」キャンペーンを促進する。

国際ロータリー第2780地区2019-2020年度ガバナー
杉岡 芳樹